出羽三山と鳥海山と

  • 2019.10.20 Sunday
  • 07:07

 

東北の旅〜出羽三山と鳥海山, 巡礼の旅へ

 

古くから

西の伊勢参り〜

東の奥参り〜

と言われており

お伊勢さんと出羽三山の双方参拝することで、

陰陽のバランスが整うとされていたそうな。

 

江戸時代には自然と信仰が息づく

「 生まれ変わりの旅 」

としても親しまれていたという。

 

ほおおお〜

 

本年令和元年、5月お伊勢さん参拝。

そして10月に出羽三山へ。

ステキな流れに思わず(笑)手を合わせる!

 

今回の旅はパックツア〜。

参加者、最高年齢は88歳のおじいちゃま。

ブラボ〜

 

醍醐味はガイドさんのトークね。

最近はガイドさんなしのツアーも増えてきたけど、今回は有り。

ず〜ず〜の山形弁が温かくて、バス移動も楽しく心地よかった。

 

(ちなみにワタクシ、今でも九州のなまりが強い〜

とちょいちょい指摘されるのでございますことよ。

大都会!!!東京に来て20年!

田舎もんは田舎もんのままで、よかとです)

 

日本遺産出羽三山

現在の世を表す山〜羽黒山

過去の世を表す山〜月山

未来の世を表す山〜湯殿山

 

そして、

旅の道中、いつも見守ってくれているように感じた鳥海山。

 

今回はあっぱれな天氣にも恵まれ、いつも山々が遠くに見れて〜

山の上からも遠くの海やシャバも綺麗に見れて〜

そしてそして

荘厳な「 雲海 」の演出もあり

&

「 紅葉 」も愛でることができて〜

自然と信仰との共鳴となる〜ありがたい旅となりました。

 

ライフ 伊豆 トラベル!!!

 

 

ゆだねることと脱力と

  • 2019.10.18 Friday
  • 07:07

 

海外(オーストラリア)行きはパス!!!

先月からの予定通りの国内の旅へ〜。

 

「海外へ飛んでくれ〜」のリクエストが来た時に

すぐにある人の顔が浮かんだ。

「これ◯◯さんが適任だと思う」って伝えた。

が、彼は忙しくて時間がないから無理という返事。

 

時間だけは十分にある(笑)私はパスポートを持って東京で待機。

いろんな条件が揃って、いざ飛ぶ!ってタイミングがやってきた。

やはり、私が行くのか!

って覚悟したら、、、

奇跡的に(笑)その彼が飛んでくださることに!!!

 

ふ〜

よかった。よかった。

 

ということで

キャンセルもせず、そのままKeepしておいた「国内の旅」へという流れと相成りました。

 

エクサイテイングで面白い体験でした。

この一連の流れの詳細は複雑すぎて(笑)割愛。

 

自分で決めないで流れにのってみる!ってけっこうスリルありますな〜

 

そもそも真実は、

〜人生は流れのまま〜

でしか、ないのだろうけど、

普段は

 

自分が考えて、

自分が選択して

自分が行動して

 

って錯覚の中でいい氣になっている!(笑)

よね。

 

でも今回は自分が選ぶ!って権利を横において委ねた状態だったからね。

 

その結果、ギフトもありましたよ。

 

「 脱 力 」

 

を体験できたこと。

どんだけ体に力みがあったか!って体感できたこと。

(ゆるんで初めて、あっ!力が入ってたんだなってわかるね)

 

いつもの自分に戻って油断すると。。。

自分で舵をとりたくなる。

そんな時に

「おおお〜〜〜体に力が入っているううう。。。」

って氣付けたの。

 

お〜

こんなに力入れて生きてたのかあああ

って

ビックリ

ビックリ!!!

 

心も体もゆるゆるで在れたら〜

残るのは

〜〜〜解放〜〜〜

 

〜〜〜安らぎ〜〜〜

 

 

ライフ 伊豆 リラックス!

 

台風一過とUFOハウスと

  • 2019.10.17 Thursday
  • 07:07

 

10日ぶりに〜森の家〜UFOハウスへ帰ってきました。

まずはラストランの〜山道〜「 あ か み ち  」が車で通れるか!!

 

無事に家まで到着。

暴風雨で飛ばされた枝葉のじゅうたん状態ではありましたが、、、

今回は倒木はなかったもよう。

 

家の中に入って電氣と水の確認!

(下田市は数日停電していました)

水も出る。

電氣もつく。

大丈夫。

 

次!

温泉の確認。

温泉の出る量が少量。

このままじゃ温泉に入れない。

すぐに下田温泉さんに連絡して日常の量に改善。

 

そして、そして

外回りの確認。

 

ポストがない。

飛んでいってしまってるううう。

 

わお〜〜〜

UFOハウスの「 が、が 外壁 」が飛んじゃってるううう

 

週末は雨というから、すぐにビニールシートで応急処置。

 

今回の台風の大きさを実感。

 

UFOハウスちゃん

よく耐えてくれたね。

ありがとう。

 

さてさて。

この空白の10日間

 

国内にいたのか

はたまた

海外へ行くはめになったのか!

 

台風のお片づけが終わって〜

ゆっくりアップしたいと思います!(笑)

決めないことと安らぎと

  • 2019.10.05 Saturday
  • 07:00

 

今、ある実験中だ。

「決めない」ってことを!!!

つまり、流れにまかせてまえ!ってこと。

 

現在、10月の流れがよめない状況なのだ。

 

予定では、ダーリンと国内旅行だったのだが。

 

ある人から

「海外に飛んでくれないか!」

ってのっぴきならないリクエストが。

 

でも、いつ飛ぶのかステイ期間も未定という〜アバウトな依頼。

 

真剣に考えたら、ストレスフル!

 

だが、最近、あることが腑に落ちていた。

 

「私は自分の領域以外に関わって、、、

勝手に(笑)いろいろ考えて、心配してストレスって思っていただけやん」って。

 

『フリーソロ」の映画鑑賞の後、

自分のビリーフのチェックを徹底的にしてみたのだ。

(自分でできる『 ワーク 』を実践)

 

自分の領域

他人の領域

神様の領域

の線引きが深まった。

 

もっというなら

「 自分のコントロール 」は、本来ない!

 

10月の流れでいえば未来のこと。

それは

「 神様の領域 」

 

来た結果を受け入れてみよう〜

 

だとすると、

今の目の前を生きるしかできないもんね。

 

これまでだったら、

きっと「 今という時 」を見失って。。。

海外先の情報を集めて、まだ来ぬ未来のための準備をしまくっただろう。

 

石橋をたたいて渡るタイプだから、、、

出来る限りの段取りをして忙しくしていただろう。

 

国内旅行に行けるのか 

OR

海外に飛ぶのか

のハザマで、、、

心も中も忙しく「 堂々巡りゲーム 」につかまっていただろう。

 

そうは、言っても無意識?集合意識?

(これまでのマインドセット状態ね)

に戻って〜

想念と同化した瞬間から

「 混乱と心のうずき 」がはじまるけど

 

「 あ! 」

 

って、それに氣付けたら、

 

「なんの問題もない安らぎ」

だけが残る。

 

そんなこんなを体験しながら、、、

 

あ〜自我の芽生えから、今日まですっ〜〜〜と

「 ホームシック 」にかかっていたんだな〜

ってこともわかった。

 

ホーム(安らぎ)は完全にオープンで開かれているのに!!!

ね!

 

ということで

流れに任せてまえ〜の10月を過ごしております!

 

ライフ 伊豆 ピースフル!!!

波の音と夕日と〜そして

  • 2019.09.29 Sunday
  • 18:18

 

9月は楽しみにしているイベントが2つ。

どちらも伊豆のサンセットビーチがステージ。

 

9月7日「 第20回伊豆半島太鼓フエステイバル 」

ビーチをバックに和太鼓と笛の音色。

 

スタートは海と夕日をバックに〜

日が沈むと〜

「かがり火」の炎がゆらゆらゆれる。

「 炎 」もなんとも言えない世界があるよね〜

 

毎年、数団体が太鼓の律動を体全体で楽しませてくれる。

今年は遠州天竜太鼓 龍勢組が参加。

 

「天竜」という楽曲がスタート。

日が沈んだ遠い空の雲が見事なコラボ。

雲が「 龍 」 の顔に変容して現れたのだ。

 

毎回思うのだが、、、

太鼓と笛の力は〜

「 自然と私たちは一体 」ということを体感させてくれる。

 

現代の生活は、自然とかけ離れてしまっているが。

太鼓の音は。。。

いつもは忘れてしまっている自然のパワーと

体はちゃんと覚えている何かがノックされている氣がする。

 

そして、昨日、

夕映えの響きコンサート辛島美登里さん&と島谷ひとみさん。

 

私ね〜

辛島美登里さんの「サイレントイブ」を生で聴いてみたかったんよね〜

 

感動の一言!!!

 

シチュエーションは歌の内容とかけ離れているけど(笑)

 

彼女の弾き語りと透き通る歌声で、

「 まっしろな 粉雪〜 ♩」

 

真っ白な粉雪のような砂浜で(笑)

み〜〜〜んな飲み込まれるように聴きいってました。

 

ライフ 伊豆  ビュテーテイフル!!!

 

サンキュ〜

フリーソロと愛の形

  • 2019.09.22 Sunday
  • 08:00

 

『フリーソロ』という映画を観た。

 

アメリカのヨセミテ国立公園のエルキャプタンの岩肌970メートルを〜

命綱なしで登るというドキュメンタリー映画。

(高所恐怖症の人はNG映画)

 

成功

 

OR

 

 

というストーリー。

 

映画が完成したってことは、成功だとわかっていても。。。

ずんずん登っていくシーンはハラハラドキドキ。

 

登山にチャレンジしたアレックスにも、頭が下がる。

私が反応したのは、家族や彼女の思い。

 

自分の彼が、あるいは家族がそんな挑戦をしたなら、、、

 

私はどんな立ち位置をとるかな〜

どんな心になるかな〜

 

「死」が隣り合わせのチャレンジをするってどうよ。

(ダメよダメダメ。。。)

って観念が強く強く私の中に鎮座。

 

だがしかし、

アレックスの母親も彼女も、彼の人生をまるごと受け入れる。

(彼女は葛藤もあったが)

 

この映画を観て

愛の形について考えさせれれた。

 

与えること、あるいはサポートすることが愛だと思っていたが。。。

 

自分をぐ〜〜〜と引いて、見守る、

もっというなら

 

「 じ や ま し な い 」

 

って愛もあるのよね〜

 

親が子供を育てる過程で、後者の愛を育むのかもね〜

 

そして〜

この愛の形は自分自身の生き方にもつながる。

 

ふふふ

私は石橋をたたいて渡るタイプだな〜

(命綱カラフルにつけて!笑)

 

(おまけ)

ダーリンに、同じ質問したら

「OK 出すよ」だって。

 

さすが。

 

自分も他人もコントロールできない!って悟ってるからね!

 

 

中秋の名月とあたたかさと

  • 2019.09.14 Saturday
  • 17:00

 

いつもの日常に戻り、昨夜は中秋の名月を愛でることができました。

ありがたきことです。

 

この夏は猛暑でランランラ族を満喫。

秋の風と共に、1枚の布に包まれる今日この頃。

 

8月は。。。

家の中では、直に空氣に包まれ、

海の中では直で海水に包まれ。

解放されまくり。

 

そして、秋になり〜

解放されたその肌に1枚の布。

肌はとても敏感に反応。

 

麻の布は、肌との間に空氣の層がある感覚。

綿は空氣を入れず、直に肌を包みこんでくれる感じ。

シルクは、布と肌と一緒に呼吸をしている感じ。

 

それぞれによさがあって〜

体温を守ってくれて、あたたかいさあ。

 

日本語に「羽織る」ってステキな言葉があるけど、

まさに肌が羽織られている感じね。

 

これから、氣温が下がっていくごとに1枚1まい布が重ねられていく。

肌の感覚の変化も楽しむ秋であります。

 

あたたかいと言えば。

桐の下駄。

室内で1本歯の下駄を愛用しているのですが。

 

下駄を作っていただく時に

(なんの木を使うかや、どんな柄の鼻緒を使うか選んだの)

「冷え性なんです」って言ったら

「桐の下駄」を勧められたのです。

 

涼しくなってきた今、よ〜くわかる。

桐の下駄は足元(足裏)が温かい。

 

なんといっても一番あたたかいのは〜

人間と人間のあたたかさ。だね〜

 

野外では「 すずむし&まつむし 交響楽団 」の生演奏中です!

BIG 音量!(笑)

 

シャバとつながりました!!!

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 12:12

 

台風一過2日目のお昼前、道がつながりました!

予定より早く動いてくださった下田温泉の皆様に感謝です。

 

森の生活について、考えさせられました。

 

何も知らず、なんの用意もなく、よく、これまで無事に生きてこれたな〜って。

ミラクル!!!

 

今回の倒木についても、チェンソーを所有していれば、自分たちで出来ることもあったはず。

(無理は禁物ね)

 

私の常識では、、、

『有事の時は行政が動いてくれる!』と思い込んでいた。

だが、想定外の返事。

「市道ではないから、使う人たちで解決を」と。

下田には、こんな道がたくさんあって、予算的に対応できないらしい。

 

常識や固定概念はあてにならない!!!

(常識がない!とは、よく言われるけどね!笑)

 

ガッテン!

だが、さてさて、どうする。

倒れた木の山の所有者も知らないし、、、

未知なことだらけ。

 

こんな時は、まず冷静になることが大事ね。

色んな感情もわいてくる。

が、

問題解決の時は、、、

「 俯瞰してみる 」

自ずと道筋が見えてくる。

 

それから。。。

人それぞれの考え方で行動の優先順位に差異が出る。

そこをどうすり合わせるか。

たぶん、ダーリンは、私ほどには感じなかったと思うけど(笑)

私は、その差異にそうとう反応した(笑)

 

私の考えは〜

行政をはじめ、連絡した方がよさそうな所には、まずチャキチャキと(笑)「ほうれんそう」したい!!!

が、しかし

彼の考えは〜

「連絡したところで、なんの解決にもならないよ。」と。

今、目の前にある出来ることを、仙人のように(笑)淡々とやっていく。

 

これが笑えるほどに対照的なんよね。

 

どちらが正しいとかでは、ないんだろうけどね。

今回は命の危機がせまっているわけではないから大至急の決断は不要ではあったが。

 

どの考えにそって動くか!!を迫られる場面もあるわけで!

 

結論!!

話し合いをして、それでも自分の考えを優先したい時は、遠慮なく動こう!って思う。

結局、そうしたんだけどね。(笑)

 

とにかく

今は

目の前のすべてに感謝であります。

 

まずは、買い出しにいかなっくっちゃ!!!

お米も残り1合だったからね。

(新米を買う予定で残わずか)

 

強制断食も覚悟していたけどパスできそう!

 

ありがとうございます!!!

ツイてるツイてるありがとう

  • 2019.09.09 Monday
  • 17:17

 

台風一過の下田より〜こんにちは

 

昨夜から長〜〜〜い1日を体験しております。

 

嵐の夜、自然の脅威をもろに感じました。

これまでの台風さんの中で一番、びびっちゃった。。。

 

おかげさまで、ケガもなく元氣です。

(昨日、三脈もチェック。)

 

朝、起きて、早速、家確認!

1階(温泉フロアー)が水びたしいいい。

すんごい雨だったの。

 

そして外回りの確認。

ユーホハウスから大きな道に出る道はヒノキをはじめ、5本の木がなぎたおされているううう。

すんごい風だったの。

 

さてさて、どうするか!!!

 

市役所に連絡、

「その道は市道ではなく 『あかみち』 と呼ばれている道、

その道を使う人たちで解決願います」とのこと。

 

この道は、我が家と下田温泉さんが使っており、

(下田温泉の源泉が上にあるからね)

 

次は下田温泉さんとお話。

下田は、あちこちで被害が出ていて、温泉の社員さんたちも昨夜から徹夜で対応に追われているとのこと。

 

いつになるかわからないが「木の撤去」は下田温泉さんが動いてくださるとのこと。

ありがたいよう!!

ということで、まずは一安心しております。

 

水が引いたので1階の大掃除をして。。。

道の枝葉撤去など、やれることは、やった!!!

 

いつ車で出れるかわかんないけど

(ちょっこし孤立状態氣分)

 

あとは

すべて おまかせ  です。

(ちょっこし放心状態)

 

こんな時って。

いろんな感情を体験できちゃうね。

 

恐れ

安堵

 

じっくりじっくり味わいました。

 

そして、

今、思うことは

ツイてる ツイてる ありがとう です。

 

まず

命があって

そして

電気も水も、いつものように通っていて。。。

 

ありがたかばっかです。

 

今日は、早めに休みます!

 

サンキュ〜!!!

 

 

命と三脈の法

  • 2019.08.29 Thursday
  • 19:00

九州の大雨。

実家が九州ということで、たくさんの方からの「優しさ」を受け取りました。

ありがとうございます。

 

昨日は家族や親戚と連絡とりながら「〜命〜 最 優 先 で行動してね」

と心から伝えました。

そして祈りました。

 

有事を目の当たりにすると、大事なものが見えてきます。

いつもは、忘れている「 命 」

 

忘れているわけじゃないんだろうけど。

冷静によ〜〜〜く考えたら

優先順位がおかしいことになっているこの文明時代。

 

たとえば

ニュースキャスターに

「命の危険がせまっています。命最優先で〜」

って、わざわざ言われないといけないって。

ね。

おかしい。

 

本来は、人間は危機を感じるアンテナがあるのかもしれない。

動物たちが、津波の時に高台に逃げたという話は有名。

 

私たち人間にも、有事を簡単に察知する方法があります。

5年ほど前にある方に「三脈の法」を教えていただきました。

それ以来

「 ん ? 」

って思う時は、手首の動脈と左右の頸動脈の3箇所を同時に確認するようにしています。

 

詳しくは「三脈の法」でチェックしてみてくださいね。

 

何かが起こった時だけではなく。。。

毎日まいにちを

何が

大事か

大切か

何が

不要か

をごまかさず、丁寧に優しく生きていきたいです。