手紙の思い出 2

  • 2020.04.03 Friday
  • 07:00

 

そもそも、

「 お手紙を書く! 」

ことは、

父からの躾のひとつ。

 

「何かしていただいたり、いただいたりしたら、

すぐに

「手紙」

でお礼をしたためなさい!!!」

と、

小さい頃からやかましく(笑)言われたもの。

 

今でも、父にお届け物したら、数日後には

必ず、達筆な書で(笑)お礼状が届きます!

今でも、背中で教えらておりますと。

ペコリ

 

さて、さて、

お手紙の思い出、行ってみよ〜。

 

今日は44年前のお話。

(ニッポン昔話だな〜)

 

〜思い出2〜

 

小学1年生の春休み。

兄弟で電車に乗って福岡の親戚の家へのお泊まりの帰り。

最寄りの駅に着いて、自宅方向のバスの時間を見たら、2時間ほどある。

(田舎だからね〜本数が少なっ)

 

そこで一番上の兄、リーダーシップ発揮(笑)!

 

「どうする?

2時間待つか?

 

あるいは、

遠足みたく歩いて帰るか?

歩くなら、アイスクリームを買ってあげるぞ!

なんなら。。。マスクも2枚つけてやる!笑 」

 

下っぱ(笑)の弟と妹の私は、二つ返事で

 

「 あ る く う う う !!!

ラ ン ラ ン ラ ン ♩

ア イ ス ク リ ー ム 食 べ よ 〜 ♩

マ ス ク は い ら 〜 ん 」

 

ということで、

アイス食べながら、15キロ先の自宅に向かって歩き出したのでした。

 

幸せだったのは、アイスを食べている時だけ。

食べ終わると、

後悔(笑)のあらしいいい!!!

 

歩いても歩いても、ぜんぜん進んでない感じね。

 

お兄ちゃんのリーダーシップを責める下っぱたち。

 

そんな中、奇跡が起こる!!!

じゃじゃ〜ん。

 

タ、タ、タクシーが私たちの前に横づけに!!!

中を見たら、小学校のアラタ先生の顔が。

 

「あんたたち、何しとるとね。」

兄が

「これこれしかじか。。。。これしかじか」

 

先生に笑われて、

ピックアップ。

 

G    O   !!!

無事にビュ〜〜〜んと家へ。

 

とてもうれしい体験だったんだよね〜

その時、

「その喜びとお礼をお手紙で伝えたら?」

って親に言われて、すぐに書いたのでした。

(お礼のお手紙を書いた一番古い記憶ね)

 

その時に想定外の体験が待っていた。

 

先生がすご〜〜〜く喜んでくださったの。

 

小学校卒業するまで、何回も、

「あなたからのお手紙がうれしかった」

って言われたのです。

(担任になってくださるご縁には、ならなかったけど)

 

お手紙って

 

喜べば〜

喜び事が喜んで、

喜び集めて、

喜びにやってくる〜

 

「 魔 法 」

 

なのだ〜

悟った!(笑)

7歳のたいようちゃんだったのでありました。

 

〜続く〜

水色の空とお手紙と

  • 2020.04.02 Thursday
  • 12:00

 

〜空よ〜

空よ

水色の空よ

雲の上に夢をのせて

空よ

私の心よ

思い出すの

幼い日を

 

〜〜〜

 

今年の我が家の桜も〜

あっぱれに咲いて。。。

今は、花吹雪となって。。。

水色の空を

舞い散らかしています。

 

さて、2020の新年度を迎えました。

新春というと、なぜか、お手紙に想いを馳せてしまいます。

これまので人生の数々のお手紙の思い出に。。。

そして、胸が熱くなるのです。

ありがたくて、ありがたくて〜

 

〜思い出1〜

 

15歳の春

私はど田舎から都会の高校へ。

寮生活スタート。

ホームシック体験。

その時に、心を癒してくれたのが、心の通うお手紙たちでした。

 

中学校の時の白石先生からも時々、お手紙が。

担任でもなんでもなく、3年間、数学を教えてくれた男の先生。

 

忘れもしないのが、

1通目の手紙に

さだまさしさんの、案山子の歌が添えれていたこと。

 

〜元氣でいるか 街には慣れたか 友達できたか

寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

 

このお手紙を読んで、号泣。

なつかしいやら

うれしいやら

ありがたいやら

 

でも、

やっぱり

家族が恋しい

友達が恋しい

田舎が恋しい

 

寂しい〜涙でした。

 

でも、

 

「 涙 」

 

の後に

ほわ〜んと

 

あったかいなにか

 

を感じたのでした。

 

追伸

 

ホームシックからスタートした高校生活。

すってきなお友達に恵まれ、有意義な青春となりましたとさ。

 

寮生活の時、ホームシックで一緒に泣いてた(笑)

心友から先日、連絡が!!

子供さんが立派に社会人となったという喜びの報告。

 

35年前は

親離れの

涙。

 

そして

この春は、

子離れの

のようです。

 

 

春はぞれぞれの

が美しい。

花吹雪と共に〜

 

 

 

〜続く〜

 

ホームの準備とホームカミング

  • 2020.03.22 Sunday
  • 08:00

 

まさに、大変革な流れの中。。。

 

最近、

「どのような具体的な対策と心根で生活していますか?」

という質問が続きました。

 

情報過多の中〜

真実が見えてこないのも事実。

 

自分の直感に従えたらいいけどね。

 

何個か前のブログでも触れましたが、、、

東京での超〜〜〜満員電車などを体験したりと、大都会の空氣に接して〜

やみくもに恐れる必要はないな〜と肌で感じています。

 

だけど、

油断はNG。

世界の状態を見たら、あれよあれよと〜なっている。

 

現在、日本はまだ非常事態宣言は出てないけど、

クラスターが発生したら、ありえること。

 

生活というレベルで考えたら、

どんな状態が起きても、あわてない準備は必要だと感じています。

 

何かが起きた時、スーパーにかけこまなくていいようにある程度の備蓄、

(これは、以前から地震対策としても国が呼びかけていますね)

ある程度の現金の準備など。

 

そして、

毎日の当たり前を「当たり前」ではなかったんだ〜

っと感謝と喜びで生きております。

 

そして、これまで以上に、「 アイ ラブ 人間 」(笑)!!!

 

「カネ」も大事だけど

これからは

「コネ」

人間関係ですよね〜。

 

三次元的には、準備できることを冷静に感謝とともにすすめて、

 

そして、

後は、お任せですね。

 

愛読書のひとつ

『 老子道徳経 』

があります。

 

タオイスト加島祥造さんの 訳が、

今の私の心根と「ビンゴ〜」なので、シェアいたします。

 

*****************

 

虚(うつろ)とは

受け入れる能力を言うんだ

目に見えない大きな流れを

受け容れるには

虚で

静かな心でいることだ

 

静かな空虚な心には、

いままで映らなかったイメージが見えてくる。

万物は

生まれ、育ち、活動するが

すべては元の根に帰ってゆく。

 

それは静けさにもどることだ。

水の行く先は〜海

草木の行く先は〜大地

いずれも静かなところだ。

 

すべてのものは大いなる流れに従って

定めのところに帰る。

(そして、おお。再び蘇るのを待つ。)

 

それを知ることが智慧であり

知らずに騒ぐことが悩みの種をつくる。

いずれはあの静けさに帰り

蘇るのを待つのだと知ったら

心だって広くなるじゃないか。

心が広くなれば

悠々とした態度になるじゃないか。

 

そうなれば、時には

空を仰いで、

天と話す氣になるじゃないか。

天と地をめぐって動く命の流れを

静かに受け入れてごらん、

自分の身の上でくよくよするなんて、

ちょっと馬鹿らしくなるよ。

 

******************

 

裸足で大地に立つ

海の波を体全体で聞く

などなど

 

それぞれの直感に従って〜

 

静けさに帰れたなら。。。

 

ホームカミングが待っている。

 

見えぬものがささえている

  • 2020.03.15 Sunday
  • 11:11

 

我が家の桜のつぼみもピンク色に染まってきました。

 

そのお庭で〜

毎朝、90分から120分くらい〜

裸足と大地の出会いを楽しんでます。

 

これがね〜

思ってた以上の喜びなんですよね〜。

 

足裏ってね。

私たちの視線からは見えない。

その見えない足裏が私たちの肉体を

 

「 さ さ え て い る 」

 

知ってはいた。

知識としては、誰もが知っている。

 

が、

果たして、どこまでリアリテイーをともなうかは別次元。

 

この毎朝の至福の時間を毎日、まいにち重ねていくとね。

肉体と共に内面も明らかな変化が起こっていってる。

 

具体的なひとつの例では。。。

 

朝、起きて寝るまでの間〜

どうでもいい(笑)

「 思 考 」

に引っ張られて、

「 今 」

という瞬間を、、、

どんだけ、ノガシテ生きているか。。。

まざまざと発見しているのですよ。

 

世の中は、情報(思考)に〜

ふりまわされて?

あやつられて?

ざわざわしているけど、

今、まさに、面白い時代を体験している。

「 肉 体 」というギフトとともにね。

 

さてさて、

肉体的には、足裏がささえているけど、

 

では、この世界をささえているのは何?

まさか、情報ではないし、思考でもない。

 

わかりやすく表現するならば

 

「 命 」

 

そして

その命も、なぜか(笑)見えない。

 

見えないものが、わたしたちを

「 さ さ え て い る 」

 

その見えない

「 それ 」

が、、、

この時代の大変革期に〜

 

「 は ろ 〜 」

 

って、顔を出し始めてきたなあ

 

わあい

わあい

 

と喜びに包まれる日々。

 

命は

「 愛 」

でもあるからね。

 

そこにだけ、フオーカスできたら、、、

 

笑うしかなくなるね〜

 

外を見たら、

ねこちゃんがの〜〜〜んびりと、ひなたぼっこしている。

 

ねこちゃんをみならっちゃおっ!!!

 

春告げ鳥と天道虫と

  • 2020.03.09 Monday
  • 13:00

 

春ですな〜

 

春告げ鳥の歌声

 

「 ほ〜 ほけきょ 」 

 

で、グッドモーニングの毎朝。

 

2週間ほどの発声練習期間を経て〜

最近の、歌声のパワフルなことよ!

丹田から(笑)歌えるよになったかな!

って、鳥にも丹田ってあるの?

 

今日は、あったか〜〜〜い。

各部屋の窓をあけて、風を通しました。

 

我が家の窓の小さな小さなスペースに〜

毎年、冬の間、集まって冬眠している虫さんがいる。

 

それは、

てんとう虫さん。

初めて、発見した時は、真っ黒の塊を見て、

 

「な なんだあああ???」

って、びびったけど、

近年は、慣れてスルー(笑)

(大自然の中で生活していると、いろんな驚きと遭遇するけど

年を重ねていくと、慣れていくものね。)

 

彼らが、本日、冬眠から目覚めて〜〜〜

氣持ちいい青空へ飛び立ちました。

 

漢字で書くと

「 天 道 虫 」

由来は太陽神から来ていて、太陽に向かって飛んでいくように見えるからなんだと。

 

た〜くさんのてんとう虫さんが、飛んでいく姿を見ながら〜

自分の姿も重ねてみました〜

 

私も青い空の下〜

春の陽氣と共に

飛んでいきましたあああ!(笑)

 

おおお〜〜〜きな羽を広げて〜

 

氣持ちいいね〜

内と外と

  • 2020.03.01 Sunday
  • 13:00

 

シャバがザワザワ〜

 

これは

内側も然り。

 

いや

内側が先だよね〜

 

「 集合意識の大変革 」

 

が起きているのでしょう。

 

先週は東京ステイ。

超〜満員電車にも乗りました。

都会の電車の中は、濃厚接触しまくりくり〜

もし、伝染力が強いのならば〜

とっくに日本は(特に東京)どえりゃ〜ことに、なってるのでは〜

 

これが私見であります。

 

以上!!!

 

 

さて、

久しぶりにオーラとチャクラのチェック!

例のマシーン(個人輸入でゲット)で、そういうことも出来ちゃうのだあ。

 

思っていた通りの結果(笑)

英語で説明が出てくるから、グーグル翻訳のご協力をば。

 

私たちってさ〜

自分のことを知る!って、どうして、こんなに楽しいもんなんだろうね〜

ふふふ

 

このマシーンのすごいことは、、、

現在の状態の結果が出たら、効果的なメニューを教えてくれるの。

そして、そのメニューにプルプルプル〜と共振。

 

(ヨーロッパでは医療器具。日本では、認められてないから、

現在個人輸入。

日本上陸への準備は進んでいるみたいだけど、まだ未定。

具体的なマシーンの名前をブログで出さなくてごめんなちゃい。

 

まだ国内での情報不足で、使い方などなど手探り状態もあるために、

無責任な情報公開をしたくない!というのが理由です。

 

完璧主義過ぎかな〜とも最近ちと思ったりもしておりますと。

 

独り言のつもりで書いているこのブログですが(笑)

これがね〜

思っている以上に影響力があったりするものですからね〜(笑)

 

自己責任で知りたい。買いたい。使いたい方にまで、秘密のつもりはございません。)

ペコリ

 

ということで〜

私は

自己責任!!!

で愛用中。

 

このマシーンを使い出して2ヶ月。

そこで、感じることは、

 

私たちって〜

「 エネルギー 」

なんだ〜

ってことね。

 

ご飯を食べて、出して(笑)寝て〜と実際、

 

「 物質 」

を体験しているんだけど

 

でも

 

やっぱり

 

エネルギ〜よね〜

 

だとすると、

どんなエネルギーを発信するか!!!

 

どんなエネルギーと共振するか!!!

 

「 愛 」

発信して

 

「 愛 」

 

と 共振だ!!!

 

シャバのざわざわが、感じなくなっちゃう。

感じれなくなっちゃう。

 

 

含み飲みと型破りと

  • 2020.02.23 Sunday
  • 07:00

 

下田と東京のダブル生活。顕著に感じることは湿度の差。

下田は高湿度で、室内は湿度対策をしている。

一方、

東京は 

この乾燥、やばくね〜!!!っぷり。

外氣も乾燥しているけど、百貨店などに入ると、も〜マックスね。

 

身体が乾燥していくううう。

って、わかるもんね〜

 

夏は、

「お水をちょこちょこ飲みましょう」

近年、よく聞く言葉。

 

だが、

冬こそ、水分補給、超〜必要じゃん?!って思っちゃう。

 

ということで、意識して、ちょこちょこ(笑)水分補給。

ナイス情報ゲット。

 

************

 

「野口整体」は、冬の健康法のひとつに「含み飲み」がある。

まず、少な目の水を口に含み、1分ほど口の中で遊ばせる。

これは、吐き出す。

これをすることにより、身体が水分受け入れの準備に真剣になる。

 

次に舌の裏を湿らせるように少量の水を口に含み、しばらくしてゆっくり飲みほす。

 

1日、何度やってもよいが、入浴時がベスト。

 

栄養もそうだが、吸収されないと何にもならない。

吸収の鍵となるのが、案内人唾液です。

 

************

 

『 身体は何でも知っている 』 三枝誠 より

(現在は天龍寺マコトとして活動)

 

さてさて。

あ〜

ほんとに時代が変わっていってるなと思う。

それは、

神田伯山さん!!!

講談会で2月11日に44年ぶりの復活6代目、神田伯山襲名。

型破り〜っぷりが氣持ちいい〜

あっぱれ〜

 

そして、その彼の動向を認めている、許している?(笑)

講談会をはじめ、その世界の先輩の方にも感動。

伝統文化の世界は、型を破るのは、ほんとに勇氣がいること!

 

実力とポテンシャルで、新しい世界をクリエイトしている。

新宿末廣亭からはじまった〜

〜〜〜 YouTube「神田伯山テイービー」〜〜〜

 

落語フアン歴30年の私としましては〜

めちゃめちゃエクサイテイング!!!

 

爆笑問題の太田さんとのトークもほんと笑っちゃう。

お上品な(笑)話も多いけど、たま〜に深〜〜〜い話が飛び出すんよね。

 

この春は〜

ミズミズシク〜

あの手、この手で(笑)

笑っちゃお!!!

 

お花見と伸び代と

  • 2020.02.16 Sunday
  • 12:00

 

ユーホーハウスの森の梅と椿、満開。

そして

伊豆半島の河津と南伊豆の桜の花道も、どちらも満開。

 

「 三日見ぬ間の桜かな 」

最近、毎日、まいにちが花見デイ。

 

昔は、花見は祓いのための宗教行事で野山にでかけ花を愛でて、

桜の下で楽しみ、厄を祓い神と過ごすとされていたそうな。

 

平安時代あたりに(笑)意識を飛ばして、愛でてみる!

 

確かに「神事」だっただろうね〜。

 

今よりはるかに自然と共にあっただろうし、自然の中に神を見ていただろう。

そして、己の中にも神を見てたかもしれないね。

 

 

そして、今

意識を戻して愛でてみる。

 

風がやさしく背中を押した。

 

「 もっと自分を信じてごらんよ 」

 

って。

 

さてさて、

令和に入って〜

身体の「 伸び代 」をちょ〜〜〜感じている。

 

柔軟性

氣のめぐり

丹田のパワー

などなどね。

 

この前のお教室でね。

 

「180度、開脚、べちゃ〜 なります!」

 

を、皆さんの前で宣言!(笑)

 

「達成した暁には、パーテイにご招待しま〜す」

 

って、言ったらね。

 

皆さん、

一斉に

 

「 い そ い  で お く  れ  〜 〜〜 」

 

って!

みんなで大爆笑!!!

 

平均年齢が高いからね。

 

さ〜

いつ、べちゃ〜 となるか!!!

 

楽しみっ !!!

八丈島と「衣」と

  • 2020.02.09 Sunday
  • 09:00

 

東京から280キロ、飛行機で50分

亜熱帯の

「 八丈島 」 へ初上陸。

 

「 ひょっこりひょうたん島 」のモデルね。

 

有賀家は、冬は南国へ〜

わあい

わあい

亜熱帯!!!

 

の予定のはずが。。。(笑)

 

さ、さ、さぶかったあああ〜

か、か 風もぶほおおお〜

 

だけど、

地元の方に言わせると

「これくらいの風は、そよ風ですよ〜」って!!

 

雨と風の島と言われるそうな。

年間9日しか晴れないって。。。

2日間のステイ中は、晴れ〜

 

島の周りにくじらが20頭ほど泳いでいて、潮を吹くのがみえる。(らしい)

私は白波なのか、くじらなのか分別つかず(笑)

 

温泉、塩っぱい〜

島寿司、あまい〜

と、いい塩梅!(笑)

 

自然の植物たちは、

ジェラシックパーク?ばりの南国の世界。

 

さてさて

ここ数年、旅の楽しみのひとつは、その土地の「織物」

八丈島には「 黄八丈 」がある。

無形文化財の山下家の「山下めゆ工房」を訪問。

ご主人から歴史と「衣食住」の「衣」お話を聞く。

 

私自身、着物は1枚も持っていない。

成人式の時、

「着物を作ってくれるなら、海外を旅したいっ」と申し出る。

現金をいただき(笑)フランス、イタリア、スペインへ!

それ以来、着物に縁がない人生。

 

最近は、日本の文化のひとつである、着物、浴衣にひかれてしまう。

なんかね。

日本全国に眠っている着物たちの声が聞こえてくるんよね〜(笑)

 

「 衣 」を大事にしておくれ〜

わたしたちを羽織っておくれ〜

本来の女性性のスイッチをオンにしておくれ〜

 

みたいな声が(笑)

 

昔の女性の着物姿の写真を見ると、ハッとする。

心も身体も解放されている。

 

「 自信 」

「 美しさ 」

を感じる。

 

着物の時代に戻ることは、ないにしろ。。。

それらの布で洋装にアレンジして、身近なものにしていきたい。

日本伝統の織物や布を使ったスッテキなお洋服。

 

去年の夏は、浴衣ワンピース10枚ほど愛用。

風が吹き抜けほんとに氣持ちよかった。

そして、驚くほどに声をかけられた。

「それが、欲しい!」と!(笑)

 

今回の八丈島の旅で「織物」「 衣 」のパワーを改めて確認。

 

「 スピリット 」

を感じるもの

そんな

「 衣 」

に包まれていたい。

 

そして、

自分に

まわりに

すべてに

 

「  優しく 」

 

在りたい。

 

生命の息吹と対話と

  • 2020.02.02 Sunday
  • 20:20

 

毎朝、裸足で大地をかみしめていると、

足の裏から、何かが伝わってくる氣がする〜

 

南伊豆は桜が開花。

おまけにひまわりまで咲いている。

 

ココ、ユーホーハウスあたりは

下田のチベットと呼ばれているから(笑)

裸足で歩くと、それはそれは Cold なのですよ。

 

でもね、

冷たいだけじゃない、何かがある。

子供のころは、知っていたであろう何かを感じる。

 

あ〜

 

「 生命の息吹 」

 

かもしれない。

 

テクノロジーの進化に比例して、

こちらのリアリイテイーも実感していたいな〜。

 

さて、

昨日の「禅の会」

参加者、1人。

 

何かありました?

シャバで見かける人たち、誰もかれもマスクしてる。。。

 

ということで、

3時間、豊かで濃いい時空間となりました。

説法は

「貪瞋痴」について。

 

先生が尋ねてくださる。

「最近、感情がすごく動いた事はありましたか?」

 

1人だから、たくさんお話できる!(笑)

うれちい〜

先月のインナーチャイルドの浄化の話をば。

 

「それは、よかったですね〜」

と、慈悲深いお顔で聞いてくださる。

 

先生(尼さん)も、ご自身の興味深い体験に触れて、

 

「執着せず」

「俯瞰して生きる」

 

ことの大事〜のお話をしてくださいました。

 

「 対話 」のパワ〜も体感。

 

「 話す 」

「 放す 」

 

スッキリ〜

 

禅の会は

「座禅50分」

&

動禅

 

太極拳

などなど

 

今回は、私一人で、若手?ということで

ベリーハードな(笑)動禅も。

 

ふふふ

今、足が笑ってる。。。

 

(わたちよりも、22ちゃいも、おねえちゃんの)

先生は、開脚も前後開脚もべちゃ〜と柔軟でしなやかな身体〜

ほれぼれしちゃう。

 

ボデイ〜

マインド

 

そして

スピリットも

 

喜ぶ日々でチュ〜。

ありがたいよ〜

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM