手紙の思い出 3

  • 2020.04.04 Saturday
  • 19:00

 

連載モノを書き出したら、毎回、アクセスが、、、

ど〜〜〜〜ん!(笑)

 

WHY?

 

ということで、本日もイってみよう!

 

ヘビーユーザーの方は、

「 手紙 」

って言えば

あのネタだろう!?

 

ですです。

高校生の3年間で1人の男性から◯百通のお手紙をもらったあのお話。

 

今回ね。

手紙シリーズということで〜

「 手紙の記憶 」

の引き出しを整理。

 

そこで、

『 あ ッ 

◯百のお手紙をもらったってことは、私も

返事

書いてるってことよね」

と。

 

その手紙まだこの世に存在しているのかしらんらん。

そうであるならば。是非、引き取りたい!(笑)

読んでみたいっ!!!

 

ちなみに、私は残念ながら、その手紙はございません。

 

ということで、本日は

15歳のたいようちゃんに戻って。。。

20通目くらいの〜

お返事という形でお届けします!(笑)

 

*************

 

O君。

いつもお手紙、ありがとう。

嬉しい。

ホームシックど真ん中で

ほんとに励まされてるよ。

 

寮のお友達からは、からかわれてるけどね。

恋人?って。

 

違うのにね!!

 

そうそう。

この前、2ヶ月ぶりの初、里帰りしたんよ。

 

何に1番驚いたと思う?

それはね。

 

「 新 緑 」

 

◯◯駅から降りてね。

家に到着するまで、山々の新緑が私を

ぶふおおお〜って

包んでくれたんよ。

 

言葉にするのが難しいんやけどね。

キラキラ輝いてる緑がね。

生き物のように感じたの。

 

山に視線を合わせるやろ?

そしたらね。

その山がハートに迫ってくるわけ。

 

また視線を違う山に動かすやろ?

そしたら、また迫ってくるの。

視線を動かす度に

山が

ハートに飛び込んで来るんよ。

 

うわ〜

生まれてから15年間、こんな美しい大自然に抱かれていたんだ!

って、

めちゃめちゃ感動したんよ。

 

今は、緑とかけはなれた都会に住んでいるからさ。

 

ホームシック

ネイチャーシック

やったんやね。

 

家族のありがたさもそう。

お友達もそう。

 

はなれてみてわかる

何かっ

てあるよね。

 

大自然。

そして

家族の愛に包まれて

エネルギーチャージ出来たから、

もう大丈夫。

 

もう泣かない。

 

高校生活、楽しむよ。

 

またね。

 

たいよう

 

***********

 

O君とは、お互い恋愛感情なしの友情でした。

ほんと。ほんと(笑)

 

その後〜

彼は高校の先生になって、

ある時、ビジネスに目覚めて大成功。

アジアに学校を作ったり〜と

愛あふれる人生を今も送っているようです。

世界を飛び回りながら。。。

 

現在、

彼からの手紙は、残ってないけど、、、

今でも彼の

「 優しさ 」

は、そのまま私の中に残っています。

ありがとうね。

 

 〜 続 く 〜

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM