光へ光へ そしてニュートラル 1

  • 2020.05.25 Monday
  • 15:00

 

序章

 

それは、突然やってきた。

 

強制ストップ。

 

子供の学校休校。

不要不急の外出NG。

などなど。

 

「 時代の大変革 」

来るよ。来るよ。

聞いてはいた。

 

あれから数ヶ月。

 

やれやれ。

よかった。

 

世界は

「 いのち最優先 」へ「 舵 」をきった。

 

光へ光へ 

そして

ニュートラルへと。

 

おめでとう。

ありがとう。

 

******************

 

ここ数ヶ月、私に起こった事実、知った事実、思ったことを独り言としてシェア。

(これが「 真実 」である。

と言いたわけではないことを強調しておきたい。)

 

究極を言えば

真実は、人それぞれにあっていいと思う。

各人が各々の「 独自の宇宙 」を生きている!という認識だからね。

 

では、行ってみよう〜

 

******************

 

第1章

 

「小中高休校要請」

突然の発表。

 

感染症対策の一環として出されたが、

個人的にはたいそうな違和感。

 

この要請決定こそが「緊急事態」だよ。

って一人ツッコミを入れたぐらいだ。

 

裏に何かがあるとしか思えなかった。

他にほんとの理由があるんだろうと。

 

それからというもの、社会に垂れ流される情報は

〜「 恐れ 」へ〜 

のオンパレード。

情報操作のにおいプンプン。

 

田舎生活10年。

テレビや新聞から距離を置いてからは、

マスコミのプロパガンダは、肌で感じてはいた。

今回は特にそのパワーに不気味さを感じていた。

 

世界はどうなっているの???

 

私は、毎日まいにち自然と対話した。

「自然が答えをくれる!」と。

 

そんなある日。

CDと書籍と2つの郵便物が届いた。

同じ日に別々の方からだ。

「今日は不思議な日だな〜」

って思ったものだ。

 

CDは、ある方の5時間にもなる講演録。

内容はというと

天と地がひっくり変えるほどの衝撃。

心が痛むエグい情報も含まれていた。

 

にわかに信じられなかった。

この講演者は、クレイジーなの?

時間がたつに連れて、腹もたってきた。

 

これまでの常識

そして世界とは、かけ離れすぎだった。

 

だが、

だがしかしだ。

 

残念なことに、、、

今起こっていること、

私が抱いた一連の違和感が、

この話から紐解くと、消えていくのも否めなかった。

 

なんてこった。

 

私が信じてきた世界はなんだったのか?

私が敬ってきたものは、なんだったのか?

それとも、今、知ってしまったこのお話がうそなの?

 

とりあえず、

「ニュートラル」

「にゅーとらる」

と言い聞かせながら、、、

 

ネットで個人発信情報を拾っていくことにした。

 

郵便物が届いたあの日から

「 私の知らない世界 」

が顔を出してきた。

 

〜続く〜

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM