大草原の小さな家とJoy

  • 2019.08.22 Thursday
  • 12:00

 

「あしながおじさん」は人生に影響を与えてくれた本のひとつ。

 

「 大 草 原 の 小 さ な 家 」も そう。

 

大人になってDVDも購入して数度、全編、観ているほどね。

 

小さかったローラが、大きくなり、アルマンゾに恋して〜

少女から女性になっていく様は、どれだけドキドキワクワクさせられたことか。

 

子供のころ、本当に楽しみに観ていた。

観た後、何度もなんども好きなシーンを反芻。

氣持ちは、まさに「ローラ」。

 

ローラと共に成長したと言ってもいいくらい、身近な世界だったように思う。

ドラマの舞台はアメリカ、こちらは日本の田舎だったけど。

共通は大自然に囲まれているってことかな。

 

ストーリーは、単なるラブストーリーではなく、

大自然の脅威や人生の艱難辛苦も描かれている。

それが、子供心ながら、とても勉強にもなった。

 

大学生の時に、友人から

「私は大草原の小さな家は大嫌い。だってあのドラマは残酷なんやもん」

って言われて、驚いたもの。

全ての物事は、人それぞれ解釈なんだなって、思ったことを覚えている。

 

さてさて

毎日に海に抱かれていると、子供の頃にタイムスリップ。

 

子供のころは、毎日、まいにちが新鮮だったし無我夢中だった。

自然と共にあった。

自然とひとつだった。

 

そして

「 J  o  y  」

 

が 降ってきてた!!!

 

 

******************

 

昼は太陽があなたに新たな氣力を与えますように

 

夜は月が優しくあなたを癒しますように

 

雨があなたの悩みを濯ぎますように

 

風があなたの存在に新たな強さを与えますように

 

あなたの生涯すべての日にあなたが穏やかな世界を歩き、その美しさを見出しますように

 

〜ネイテイブ・アメリカンの言葉より〜

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM