素直さと優しさと

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 08:00

 

1週間ぶりの下田の朝〜

おはようございます。

 

先日、いっちゃいのお誕生日を迎えまちた。

子供のようにピュアに生きていきたいでチュ〜

お誕生日プレゼントも宇宙人「ルーラーちゃん」のお人形。

うれちいでチュ〜。

 

さてさて

東京では、舞台鑑賞3連ちゃん。

まずは、田中泯さんの舞台。

「龍馬伝」の吉田東洋役。

めちゃ渋かったよね〜。

 

舞台の後、泯さんのお話がありまして。

「分類できないものを分類しなくてもよい。

分類できない踊りをすることは大切。

たとえば、体が動かない人にとっては、まばたきが踊りかもしれない。」

と。

固定概念に縛られず、田中泯さんオリジナルの踊りは新鮮で圧巻でした。

 

翌日は、

いのちの響きを紡ぐボーカリスト鈴木重子さんの舞台。

数年前に重子さんのワークショップを数回体験。

重子さんの「場〜フイールド」に感動したことを覚えている。

 

そして、そして、

今回、

 

バキュ〜ン。

 

ハートがやられちゃった。

 

舞台鑑賞が、後半から、、、

グループワークショップを受けている感覚になっちゃったの。

 

これまでの、たいようちゃんの、

よい子

ぶりっ子

かっこつけたがりっ子

たちが、

舞台のエナジーに共鳴して

反乱を起こした!(笑)

 

「いやだって言いたかかった」

「苦しいって言いたかった」

「悲しいって言いたかった」

「もっと甘えたかった」

 

などなど、、、

 

あ〜

これだけ、自分の感情にふたして、ごまかして

がんばって来たんだあ〜

って氣付いたら、

涙があふれ出しちゃって。

それでも、おさまらなくて

嗚咽状態!(笑)

 

ここは、もう

「素直に泣こう」って。

エンエン泣きました。

(お正月に子供映画を観に行って、子供たちの素直な感情表現を見ていたからね!笑)

 

「 素直 」

 

に泣いたら、

 

「 優しさ 」

 

で満たされちゃった。

 

そして、翌日は

みっちゃんワールドの舞台。

「歓魂祭」

(創造主の視点で生きてるから、すべてが完璧だと感じている世界)

アホになりきった(笑)←ほめているのよ

子供のような大人の学芸会!!!

 

ということで、

素直で

優しい

いっちゃいにリバース。

 

わあい

わあい

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM