これまでの20年とこれからの20年と

  • 2020.05.03 Sunday
  • 08:00

 

5月3日、出愛記念日。

あれから丸20年。

 

前半、10年は東京にて〜

日本全国、海外へと「  動 」の時間。

よ〜動いたね〜

たくさんの人と出会ったな〜

 

後半、10年は下田にて〜

静寂を味わう「 静 」の時間。

よ〜静かにじ〜〜〜っと(笑)出来たね〜

たくさんの動物や鳥と出会ったな〜(笑)

(今日は美しい キジ とも出会った)

 

そして

2020お正月。

 

「 今年は、人生3度目の 【 自由の扉 】 が開いた 」

って、ダーリンに宣言していたんよね〜

 

1度目は18歳。

大学生になった時。

学校教育のルールからの 【 開放感 】がハンパなかった!

 

2度目は33歳。

結婚の時。

社会のルールからの【 開放感 】がハンパなかった!

 

 

そして、

今年。

同じ【 開放感 】の匂いを感じた。

 

春になって、世界全体で、こんなことになって驚いている。

 

今年は、人類の「 自由の扉 」オープンだったんだね。

 

表面的には、恐れと不自由さと大変さが渦巻いているけど。。。

現実はホントにそおおおおおなんだろうか?

 

新聞やテレビやマスコミからは見えてこない事象も起こっている。

(と思える)

 

と同時に

大自然は、無条件の愛で

なんの動揺もなく(笑)鎮座している。

さらには、

大自然は、空も海も川もキレイになっている。

(この現実。なんかワラッちゃうね。)

 

自我は

これまでは、こうだったのに。。。

現状維持が好きで(笑)

変化を怖がるけど

 

「 観念 」の解放とともに

 

勇氣と好奇心を持って

未知の世界と出会っていきたい

 

これまでの20年と

これからの20年は〜

次元が変わったと思うほど想定外の大変革となるだろう。

 

「 変容 」の 時間へと。

 

これまでの20年

ありがとう。

そして

これからも永遠に(笑)

ありがとう。

 

未知の世界とUFOと

  • 2020.04.29 Wednesday
  • 08:00

 

コホン!

ワタクシ

許可を出しました!(笑)

 

「地球の人間、準備、整いました!

 情報公開を認める」

と!(笑)

 

やっとやっとだよね〜

 

私の育った田舎は、よく出ていたのよ。

遭遇していたのよ。

 

オレンジのビュンビュンちゃんタイプから、

大空を覆うくらいの空母タイプまで。

 

そして、

今は、、、

ソレに住んじゃってるからね〜(笑)

だから、

当然の存在なんだけど、、、

 

激動の2020、春、

公認。

 

個人的には生まれた時から「宇宙時代」に突入してたけど(笑)

 

集合意識も、ようこそ〜

 

これから、どんどん楽しい情報公開が続くでしょうね〜

 

今年のオタンジョビ。

ダーリンからのプレゼント宇宙人「ルーラ」も

大喜びだよ。

 

さあ

心と身体をひらいて

 

Love & Peace

未知の世界へ〜

 

〜ブレイクスル〜。

 

手間と豊かさと

  • 2020.04.27 Monday
  • 12:00

 

先週からの「野草酵素作り」に続いて、

 

これからの「 NEW Earth 」の生き方 (笑)

 

〜手作り〜

 第二弾

 

「 お味噌作り 」〜の巻

 

友人とお母様、朝5時からの味噌作りスタート。

(前日から大豆は水につけておく)

 

まずは、かまどに火を起こし〜

5時間かけて、20キロの大豆の煮込み。

 

煮上がり、大豆がざるにあがったころ、、、

 

ここから、参加!(笑)

かたじけないっ

 

1、糀と塩をまぜまぜ。

 

2、大豆をペースト状につぶす。

 

3、1と2を混ぜ合わせて、げんこつ大のボール作成。

 

4、3を容器にパン、パンとたたきつけるように入れていく。

(空氣がはいらないようにするため)

 

という手順で、味噌作り完了。

(後は菌ちゃんたちにお任せだ)

 

ちょっと昔までは、味噌や糀も、家で作ってたんだよね〜。

 

便利な時代になって、

なんでも簡単に手に入るようになったけど。

 

便利と引き換えに失ったものも、よ〜〜〜く見えました。

 

それは

「 手 間 」

ここにホントの豊かさがあるな〜って。

 

大豆や糀との共振。

「ここ、今」の幸せ。

 

これまでは〜

未来に

あるいは、

未来の自分に

「 幸せ 」

が待っているかのように、錯覚して生きてきた私たち。

 

「不足」

「不満足」

どこまで行っても満たされることがないループの中で生きてきた私たち。

 

 

今、起きている

「 強制ストップ 」は、

不満足のループ〜

錯覚からの目覚めに導く

「 ギフト 」

に思えてならない。

 

幻の「 未来 」ではなく

リアリティーの「 今 」を生きる

 

自分らしく生き生きと

そして

自分に優しく

果てしなく、優しく

 

結果、

調和の世界

「 NEW Earth 」

へのシフト。

 

下田便りと宇宙のリズムと

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 08:00

 

伊豆下田から〜

おはようございます。

 

最近、下田在住の友人たちから続いたアドバイス。

 

「 東京のナンバーの車ではウロウロしない方がいいですよ〜 」

シャバは、東京の人たちに、ピリピリしているとのこと。

 

〜といことで

東京ナンバー マクレーンちゃんは、お休み。

伊豆ナンバーのマーフイー君でウロウロの今日この頃です。

(東京には1ヶ月以上帰らず)

 

現在、下田のビーチのパーキングすべてクロージング。

レストランもテイクアウトが増えています。

全国、このような状況かしら?

 

おかげさまで〜

車でおでかけなしくても、大自然に囲まれているユーホーハウス。

 

川のせせらぎ〜

ウグイスちゃんのBGMの中、

お庭で裸足で歩いたり、瞑想したり。

 

タケノコも顔を出してきているので、

タケノコ掘りしたり。

 

先日は、初体験の

野草酵素作り!!

 

近所のお友達からお誘い受けて。

中山フアームさんの作り方。

野草で作れるなんて、知らなかったよ〜。

 

5キロの野草の新芽を摘んで、砂糖を5キロちょっと、

天然昆布の発酵剤などを混ぜて、10日ほどで出来上がり。

 

朝、晩に2回混ぜ混ぜして、自分の常在菌もコラボ!(笑)

My 酵素の出来上がり。

 

今日で4日目。

汁と泡が出てきて、発酵が進んできました。

 

さて、

今、

社会は人間が作り上げたシステム、パターンが強制ストップ。

一方、

自然は、世界の青空が戻り、空氣も綺麗に。

 

私、個人は、

新緑に包まれて、これからの社会、生き方を想像、創造中。

 

宇宙のリズム、

地球のリズム、

人間のリズム。

ここにヒントがあるな〜って感じております。

 

(おまけ)

 

「 100歳まで元氣会 」 もお休み。

自主トレも楽しんでます。

 

なんたって、

「 180度ベチャー!!!」 

となって、パーテイー(笑)するんだからね。

 

身体と向き合う時間も増加なう。

 

フオーカスして対話していくと、ちゃんと応えてくれるもんだな〜

嬉しいっ。

ありがたいよ〜。

 

手紙 ハート to ハート

  • 2020.04.05 Sunday
  • 15:00

 

お手紙シリーズ書いてよかったあ〜。

 

ありがとう。。。

 

を、

た〜〜〜くさん思い出して

あらためて感謝の氣持ちに包まれたから。

 

ほんとに

おかげさまの人生。

 

ブログにはアップ出来ない(笑)

甘酸っぱいお手紙の思い出も、、、

ふふふ

 

手紙ってね。

「 ハート to  ハート 」の交流なんだね〜

しみじみ

 

今はね。

メールやラインの時代だから、わざわざお手紙って書かないかもね〜

 

時代が違うんだな〜

ってリアルに思った笑える話。

 

里帰り中のエピソード。

実家の甥っ子大学入学のお祝いを、あちこちから頂いていた。

 

父が孫に

「 礼状 」

を出すように言う。

しかし、彼は、取り掛かる様子なし!(笑)

 

それを受けて、

母(義姉)が、先方さんの住所と名前をハガキに書き出した。

(お〜そこまで、やってあげるんだあああ)

 

驚きは、そこで終わらなかった!(笑)

さらに、

おじいちゃん(父)が、

お礼の文章のたたき台を用意した。

(え〜、まっじ〜?)

 

って、めちゃ笑った。

 

ここまで来たら、私、代筆?。

もちろん、パス!(笑)

 

今の子は、そんなもんでしょうね〜。

 

私は、手紙を書くことが根っから好き。

(躾からのスタートが今は趣味の領域!笑)

 

ここ数年は、

手作りの便箋(半紙に墨と顔彩で作成)や

和紙の巻き紙に〜

 

その時の季節の言葉を筆でサラサラと(笑)

そして、

氣持ちを添えた手紙を出すことが楽しい。

 

これがね。

けっこう好評!(笑)

 

額に入れて飾ったよ。

って人もいて

はずかしいけど、うれしい。

 

 

この2020の春は

ある意味、

天からの時間のプレゼントとも言える。

(強制ストップだもんね)

 

この「 ライフ チェンジイング イベント 」のありがたい時に〜

 

今1度

これからの生き方、

大事なもの、ことなどを

ゆっくりと見極める時間になっています。

 

そして、

大切なあの方へ

笑顔を思い出しながら

心を込めて、

お手紙をしたためる時間にもしております。

 

 〜 完 〜

 

手紙の思い出 3

  • 2020.04.04 Saturday
  • 19:00

 

連載モノを書き出したら、毎回、アクセスが、、、

ど〜〜〜〜ん!(笑)

 

WHY?

 

ということで、本日もイってみよう!

 

ヘビーユーザーの方は、

「 手紙 」

って言えば

あのネタだろう!?

 

ですです。

高校生の3年間で1人の男性から◯百通のお手紙をもらったあのお話。

 

今回ね。

手紙シリーズということで〜

「 手紙の記憶 」

の引き出しを整理。

 

そこで、

『 あ ッ 

◯百のお手紙をもらったってことは、私も

返事

書いてるってことよね」

と。

 

その手紙まだこの世に存在しているのかしらんらん。

そうであるならば。是非、引き取りたい!(笑)

読んでみたいっ!!!

 

ちなみに、私は残念ながら、その手紙はございません。

 

ということで、本日は

15歳のたいようちゃんに戻って。。。

20通目くらいの〜

お返事という形でお届けします!(笑)

 

*************

 

O君。

いつもお手紙、ありがとう。

嬉しい。

ホームシックど真ん中で

ほんとに励まされてるよ。

 

寮のお友達からは、からかわれてるけどね。

恋人?って。

 

違うのにね!!

 

そうそう。

この前、2ヶ月ぶりの初、里帰りしたんよ。

 

何に1番驚いたと思う?

それはね。

 

「 新 緑 」

 

◯◯駅から降りてね。

家に到着するまで、山々の新緑が私を

ぶふおおお〜って

包んでくれたんよ。

 

言葉にするのが難しいんやけどね。

キラキラ輝いてる緑がね。

生き物のように感じたの。

 

山に視線を合わせるやろ?

そしたらね。

その山がハートに迫ってくるわけ。

 

また視線を違う山に動かすやろ?

そしたら、また迫ってくるの。

視線を動かす度に

山が

ハートに飛び込んで来るんよ。

 

うわ〜

生まれてから15年間、こんな美しい大自然に抱かれていたんだ!

って、

めちゃめちゃ感動したんよ。

 

今は、緑とかけはなれた都会に住んでいるからさ。

 

ホームシック

ネイチャーシック

やったんやね。

 

家族のありがたさもそう。

お友達もそう。

 

はなれてみてわかる

何かっ

てあるよね。

 

大自然。

そして

家族の愛に包まれて

エネルギーチャージ出来たから、

もう大丈夫。

 

もう泣かない。

 

高校生活、楽しむよ。

 

またね。

 

たいよう

 

***********

 

O君とは、お互い恋愛感情なしの友情でした。

ほんと。ほんと(笑)

 

その後〜

彼は高校の先生になって、

ある時、ビジネスに目覚めて大成功。

アジアに学校を作ったり〜と

愛あふれる人生を今も送っているようです。

世界を飛び回りながら。。。

 

現在、

彼からの手紙は、残ってないけど、、、

今でも彼の

「 優しさ 」

は、そのまま私の中に残っています。

ありがとうね。

 

 〜 続 く 〜

 

手紙の思い出 2

  • 2020.04.03 Friday
  • 07:00

 

そもそも、

「 お手紙を書く! 」

ことは、

父からの躾のひとつ。

 

「何かいただいたり、お慈悲を受けた時は、

すぐに

「手紙」

でお礼をしたためなさい!!!」

と、

小さい頃からやかましく(笑)言われたもの。

 

今でも、父にお届け物したら、数日後には

必ず、達筆な書で(笑)お礼状が届きます!

何歳になっても、背中で教えらておりますと。

ペコリ

 

さて、さて、

お手紙の思い出、行ってみよ〜。

 

今日は44年前のお話。

(ニッポン昔話だな〜)

 

〜思い出2〜

 

小学1年生の春休み。

兄弟で電車に乗って福岡の親戚の家へのお泊まりの帰り。

最寄りの駅に着いて、自宅方向のバスの時間を見たら、2時間ほどある。

(田舎だからね〜本数が少なっ)

 

そこで一番上の兄、リーダーシップ発揮(笑)!

 

「どうする?

2時間待つか?

 

あるいは、

遠足みたく歩いて帰るか?

歩くなら、アイスクリームを買ってあげるぞ!

なんなら。。。マスクも2枚つけてやる!笑 」

 

下っぱ(笑)の弟と妹の私は、二つ返事で

 

「 あ る く う う う !!!

ラ ン ラ ン ラ ン ♩

ア イ ス ク リ ー ム 食 べ よ 〜 ♩

マ ス ク は い ら 〜 ん 」

 

ということで、

アイス食べながら、15キロ先の自宅に向かって歩き出したのでした。

 

幸せだったのは、アイスを食べている時だけ。

食べ終わると、

後悔(笑)のあらしいいい!!!

 

歩いても歩いても、ぜんぜん進んでない感じね。

 

お兄ちゃんのリーダーシップを責める下っぱたち。

 

そんな中、奇跡が起こる!!!

じゃじゃ〜ん。

 

タ、タ、タクシーが私たちの前に横づけに!!!

中を見たら、小学校の浦田先生の顔が。

 

「あんたたち、何しとるとね。」

兄が

「これこれしかじか。。。。これしかじか」

 

先生に笑われて、

ピックアップ。

 

G    O   !!!

無事にビュ〜〜〜んと家へ。

 

とてもうれしい体験だったんだよね〜

その時、

「その喜びとお礼をお手紙で伝えたら?」

って親に言われて、すぐに書いたのでした。

(お礼のお手紙を書いた一番古い記憶ね)

 

その時に想定外の体験が待っていた。

 

先生がすご〜〜〜く喜んでくださったの。

 

小学校卒業するまで、何回も、

「あなたからのお手紙がうれしかった」

って言われたのです。

(担任になってくださるご縁には、ならなかったけど)

 

お手紙って

 

喜べば〜

喜び事が喜んで、

喜び集めて、

喜びにやってくる〜

 

「 魔 法 」

 

なのだ〜

悟った!(笑)

7歳のたいようちゃんだったのでありました。

 

〜続く〜

水色の空とお手紙と

  • 2020.04.02 Thursday
  • 12:00

 

〜空よ〜

空よ

水色の空よ

雲の上に夢をのせて

空よ

私の心よ

思い出すの

幼い日を

 

〜〜〜

 

今年の我が家の桜も〜

あっぱれに咲いて。。。

今は、花吹雪となって。。。

水色の空を

舞い散らかしています。

 

さて、2020の新年度を迎えました。

新春というと、なぜか、お手紙に想いを馳せてしまいます。

これまので人生の数々のお手紙の思い出に。。。

そして、胸が熱くなるのです。

ありがたくて、ありがたくて〜

 

〜思い出1〜

 

15歳の春

私はど田舎から都会の高校へ。

寮生活スタート。

ホームシック体験。

その時に、心を癒してくれたのが、心の通うお手紙たちでした。

 

中学校の時の白石先生からも時々、お手紙が。

担任でもなんでもなく、3年間、数学を教えてくれた男の先生。

 

忘れもしないのが、

1通目の手紙に

さだまさしさんの、案山子の歌が添えれていたこと。

 

〜元氣でいるか 街には慣れたか 友達できたか

寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

 

このお手紙を読んで、号泣。

なつかしいやら

うれしいやら

ありがたいやら

 

でも、

やっぱり

家族が恋しい

友達が恋しい

田舎が恋しい

 

寂しい〜涙でした。

 

でも、

 

「 涙 」

 

の後に

ほわ〜んと

 

あったかいなにか

 

を感じたのでした。

 

追伸

 

ホームシックからスタートした高校生活。

すってきなお友達に恵まれ、有意義な青春となりましたとさ。

 

寮生活の時、ホームシックで一緒に泣いてた(笑)

心友から先日、連絡が!!

子供さんが立派に社会人となったという喜びの報告。

 

35年前は

親離れの

涙。

 

そして

この春は、

子離れの

のようです。

 

 

春はぞれぞれの

が美しい。

花吹雪と共に〜

 

 

 

〜続く〜

 

ホームの準備とホームカミング

  • 2020.03.22 Sunday
  • 08:00

 

まさに、大変革な流れの中。。。

 

最近、

「どのような具体的な対策と心根で生活していますか?」

という質問が続きました。

 

情報過多の中〜

真実が見えてこないのも事実。

 

自分の直感に従えたらいいけどね。

 

何個か前のブログでも触れましたが、、、

東京での超〜〜〜満員電車などを体験したりと、大都会の空氣に接して〜

やみくもに恐れる必要はないな〜と肌で感じています。

 

だけど、

油断はNG。

世界の状態を見たら、あれよあれよと〜なっている。

 

現在、日本はまだ非常事態宣言は出てないけど、

クラスターが発生したら、ありえること。

 

生活というレベルで考えたら、

どんな状態が起きても、あわてない準備は必要だと感じています。

 

何かが起きた時、スーパーにかけこまなくていいようにある程度の備蓄、

(これは、以前から地震対策としても国が呼びかけていますね)

ある程度の現金の準備など。

 

そして、

毎日の当たり前を「当たり前」ではなかったんだ〜

っと感謝と喜びで生きております。

 

そして、これまで以上に、「 アイ ラブ 人間 」(笑)!!!

 

「カネ」も大事だけど

これからは

「コネ」

人間関係ですよね〜。

 

三次元的には、準備できることを冷静に感謝とともにすすめて、

 

そして、

後は、お任せですね。

 

愛読書のひとつ

『 老子道徳経 』

があります。

 

タオイスト加島祥造さんの 訳が、

今の私の心根と「ビンゴ〜」なので、シェアいたします。

 

*****************

 

虚(うつろ)とは

受け入れる能力を言うんだ

目に見えない大きな流れを

受け容れるには

虚で

静かな心でいることだ

 

静かな空虚な心には、

いままで映らなかったイメージが見えてくる。

万物は

生まれ、育ち、活動するが

すべては元の根に帰ってゆく。

 

それは静けさにもどることだ。

水の行く先は〜海

草木の行く先は〜大地

いずれも静かなところだ。

 

すべてのものは大いなる流れに従って

定めのところに帰る。

(そして、おお。再び蘇るのを待つ。)

 

それを知ることが智慧であり

知らずに騒ぐことが悩みの種をつくる。

いずれはあの静けさに帰り

蘇るのを待つのだと知ったら

心だって広くなるじゃないか。

心が広くなれば

悠々とした態度になるじゃないか。

 

そうなれば、時には

空を仰いで、

天と話す氣になるじゃないか。

天と地をめぐって動く命の流れを

静かに受け入れてごらん、

自分の身の上でくよくよするなんて、

ちょっと馬鹿らしくなるよ。

 

******************

 

裸足で大地に立つ

海の波を体全体で聞く

などなど

 

それぞれの直感に従って〜

 

静けさに帰れたなら。。。

 

ホームカミングが待っている。

 

見えぬものがささえている

  • 2020.03.15 Sunday
  • 11:11

 

我が家の桜のつぼみもピンク色に染まってきました。

 

そのお庭で〜

毎朝、90分から120分くらい〜

裸足と大地の出会いを楽しんでます。

 

これがね〜

思ってた以上の喜びなんですよね〜。

 

足裏ってね。

私たちの視線からは見えない。

その見えない足裏が私たちの肉体を

 

「 さ さ え て い る 」

 

知ってはいた。

知識としては、誰もが知っている。

 

が、

果たして、どこまでリアリテイーをともなうかは別次元。

 

この毎朝の至福の時間を毎日、まいにち重ねていくとね。

肉体と共に内面も明らかな変化が起こっていってる。

 

具体的なひとつの例では。。。

 

朝、起きて寝るまでの間〜

どうでもいい(笑)

「 思 考 」

に引っ張られて、

「 今 」

という瞬間を、、、

どんだけ、ノガシテ生きているか。。。

まざまざと発見しているのですよ。

 

世の中は、情報(思考)に〜

ふりまわされて?

あやつられて?

ざわざわしているけど、

今、まさに、面白い時代を体験している。

「 肉 体 」というギフトとともにね。

 

さてさて、

肉体的には、足裏がささえているけど、

 

では、この世界をささえているのは何?

まさか、情報ではないし、思考でもない。

 

わかりやすく表現するならば

 

「 命 」

 

そして

その命も、なぜか(笑)見えない。

 

見えないものが、わたしたちを

「 さ さ え て い る 」

 

その見えない

「 それ 」

が、、、

この時代の大変革期に〜

 

「 は ろ 〜 」

 

って、顔を出し始めてきたなあ

 

わあい

わあい

 

と喜びに包まれる日々。

 

命は

「 愛 」

でもあるからね。

 

そこにだけ、フオーカスできたら、、、

 

笑うしかなくなるね〜

 

外を見たら、

ねこちゃんがの〜〜〜んびりと、ひなたぼっこしている。

 

ねこちゃんをみならっちゃおっ!!!